行きたいところに行こう! 先延ばしはしない!

子供のころを思い出し、行きたいところに行こう!先延ばしせず残りの人生を謳歌しよう。

最近都心の地下鉄で感じたこと

最近の東京の地下鉄は凄く便利になってきていると思いませんか?

2020年東京オリンピック開催に向けての準備はもちろん、リニューアル、高齢化対策、バリアフリー、外国人観光者への表示や駅員さんの応対、私鉄及びJ Rとの乗り入れ、種類豊富なパス及び切符の種類がある、ホームドアなど益々便利になって行くに違いない。以前テレビで見たのはホームドアの設置工事です。設置工事は終電後に普通の車両の中にホームドアを載せて走り設置駅まで行き扉が開いたところに下ろし運搬してました。こういう運搬の仕方があるのだとビックリしました。確かに日中にホームで工事している場面は見たことがないので終電後から始発前のほんの3〜4時間の間にするだろうと想像がつきます。ホームドアは地上から地下の駅までエレベーターを使って運ぶのではないのですね。また設置までの時間ですが、ホームへの大がかりな工事をかけてというよりも、しばらくするとあっと言うまにホームドアが設置されていたというくらい本当に早い感じがしました。

f:id:nicescene:20180624214019j:plain

f:id:nicescene:20180624214104j:plain

 

今は東京メトロで通勤していますが最近は銀座線がリニューアルしてますね。銀座線が開業したのは1927年でもう90年の歴史になるそうです。私の人生はまだ50年ほどですが生まれる前から既に地下鉄が存在している本当に長い歴史です。当時民間企業2社が建設を手掛けたそうです。最初の開業区間浅草駅から上野駅間、その後新橋駅まで延伸し建設を手がけた会社は東京地下鉄道株式会社。また新橋から渋谷間は東京高速鉄道が建設しました。それから考えると今は東京だけの地下鉄でみても10路線以上ありますね。

ちょっと振り返って思い出しましたが、東京メトロの前は、営団地下鉄。よく営団、営団と言っていた時代がありました。営団は略語であって本当は特殊法人  帝都高速度交通営団 が正式名称です。最近はもう営団地下鉄と言う人はいないですが懐かしいですね。私が高校生時代に既にあった有楽町線が池袋駅から営団成増駅まで延伸した時に同じ鉄道好きの友達から営団成増駅までの7駅全ての駅に下車してホームなど見てみようよと誘われた。何でわざわざひと駅ずつ下車しないといけないと思った。下車するとは、それぞれ次の列車に乗ることになるので、相当な時間がかかることだが 新しいもの好きで同じ鉄道好きの友達の頼みなのでオーケーした記憶がある。今はその有楽町線の区間は副都心線とも言う事もあり、当時の営団赤塚駅と営団成増駅はそれぞれ営団名は無くなり地下鉄赤塚駅と地下鉄成増駅名に名称が変わりました。

f:id:nicescene:20180624214150j:plain

f:id:nicescene:20180624214212j:plain

最近は世の中の変化が加速度的に変わって来てますね。地下鉄に限らず世の中がもっと人に優しくなってほしいですね。

 

 世の中の変化の対応も先延ばししない!